ページの先頭です
本文へジャンプする

本ウェブサイトでは、JavaScriptおよびスタイルシートを使用しております。
お客さまがご使用のブラウザではスタイルが未適応のため、本来とは異なった表示になっておりますが、情報は問題なくご利用いただけます。



ここから本文です

サイト内の現在位置を表示しています
ホーム > 製品 > ソフトウェア > Oracle > ORACLE Response Center > サポートサービス > 保守制度

Oracle製品の保守制度

 

保守契約開始日

オラクル製品の保守契約開始日は製品購入日です。
保守契約を締結する場合、製品購入時点から契約を行っていただく必要がございます。
保守契約を行っていただけない場合、サポート・サービスは一切ご提供できません。

遡及料金

製品購入後、保守契約を締結する場合は、購入時点まで遡って保守の遡及料金を お支払い頂いた上で、保守契約を締結する必要がございます。

また、途中で保守契約を解約後に再び保守契約を締結する場合、解約時点まで遡って保守の空白期間に対する遡及料金をお支払い頂いた上で、保守契約の締結を行う必要がございます。 遡及料金のイメージはこちら

いずれの場合も、遡及料金をお支払いいただけない限り、サポート・サービスのご提供は行えません。        
         

初年度保守料金込み製品の2年目以降の保守継続

初年度保守料金込み製品をご購入された場合、2年目以降は自動的に 継続されません。
別途、保守契約のお手続きが必要になりますのでご注意ください。

保守契約の手続き、並びに遡及料金については、担当営業までご相談ください。


弊社のサポートサービスはOracle社のテクニカルサポートポリシーに準じて提供します。
Oracleのテクニカルサポートポリシーについてはこちら



ページの終わりです
ページの先頭へ戻る